Yellowbirdsオフィシャル痩せるサプリのダイエット方法

ダイエットサプリの効果をあげて痩せる方法

ダイエットサプリの効果をあげる方法は色々あります。

今回はダイエットサプリの効果をアップさせる具体的な方法を紹介します。

ダイエットは簡単じゃないから多くの人が悩んでいるんですよね。簡単にできることだったら誰も悩まずダイエットがここまで話題になることもないでしょう・・・。ダイエットがいろんなところで取り上げられ続けているのはダイエットで悩んでいる人がそれだけ多いからですね。

 

私もこれまでたくさんのダイエットに挑戦してきました。自分には無理だと思うダイエット法も試しましたが、やっぱり自分に合わないだろうと感じたダイエット法はダメでした。ダメだろうと思う気持ちが影響したのかもしれませんが、ダメだと思ったダイエット法は時間が無駄になるのでもうやらないと決めました。

でも私に合うダイエット法を見つけられたから合わないダイエット法にチャレンジしたことはムダじゃなかったですよ。先入観を持たず合わないだろうと思うダイエット法でもやってみて良かった・・・。そうやって挑戦してきたから私には運動で痩せるのが最適なんだと分かったからです。

身体を動かすことが好きと言うより音楽が好きで昔はディスコでよく踊っていました。大音量で音楽を聴くことが好きでその音に乗って身体を動かしているとストレスが嘘のように消えたので会社帰りのディスコ通いが数年続きました。

みんなが楽しく踊っていて音楽がいつも流れている環境でならダイエットできると思いスポーツクラブに入会。スポーツクラブの中にはスタジオがありスタジオプログラムが充実しています。小さなスポーツクラブだとスタジオはないかもしれませんが、私は大手スポーツクラブを選びスタジオプログラムが充実しているのを確かめて入会しました。

期待通りスタジオプログラムは充実していてヨガやエアロビクス・ダンス・バレエなど他にもたくさんプログラムがあり素晴らしい充実ぶり。週4回通うのがやっとですが休まず通い続けた結果クラブ仲間から「スタイルが良くなった!痩せたね!」と言われるようになりました。

たしかに入会した頃は少しぽちゃっとしてました。体重は多くなかったものの筋肉が少なかったせいでぽちゃっとした体型に見られていたのです。たしかに締まりのない運動に縁がないような体型をしていたと思います。

だけど現在私の体重は理想通りになり、筋肉がしっかりついたカッコイイ身体になりつつあります。筋肉が重いため体重は大きく減りませんがスタイルには自信がありますよ。ダイエットって難しいと思いがちだけど自分に合ったダイエット法を見つければ楽になります。

ダイエットを行うにあたり、食事を制限しなくてはいけない場合があります。元々食事が好きで気が付けばたくさん食べてしまいカロリーオーバーしてしまい太ってしまうこともあるでしょう。それが毎日続いた結果太ってしまうのです。それは分かっているもののそこで節制できたらダイエットは必要ないと思うのですが、体が慣れてしまっている場合はカロリーを極端に落とすと心がしんどくなってしまうのです。
まず自分の中ではダイエットの優先順位が先頭にきます。そこから食事は何をとるかカロリーが低いものは何かなど考えるのですが、摂取カロリーを少なくして健康的に栄養素をすべて補うというのは難しいのです。
アプリなどで自分の食事を管理すると分かるのですが、栄養素がどこか欠けてしまうのです。カロリーを少なめにしているせいなのですが、これを多めにしてしまうとダイエットにはなりませんし悩むところです。
一ヶ月くらいであればカロリー少な目栄養素もあまり気にしなくても生活を送ることができます。しかし長いことその生活を送っていると体に不調がでてきます。

睡眠も痩せるのには重要

不眠になってしまったり女性の場合は生理が遅れてしまうもしくはとまってしまう、疲れやすくなってしまうなどです。
そうなるとダイエットをして綺麗になりたい、という目標からは遠くなってしまい不健康な痩せ方になってしまうのです。それでもいい体重だけを見ていればいいんだ、という人もいるとは思うのですが、一般的な人は健康的でスリムに、という根本的な目標があります。
ではどのようにすればいいのでしょう。今までみたいに好きなものを沢山食べていては太ってしまいます。
そこで、カロリーの調整を行いつつ、栄養素の管理をアプリに任せ、総合的な評価を一週間で計算するのです。
一日栄養素が足りないから、といって何とかなるわけではありません。総合的にみて栄養素が補われていればいいのです。それが大体一週間くらい、これを目安です。
例えば炭水化物が少なかった日の翌日はさつまいもなどで若干多目に摂取をしてみる、逆に炭水化物が多目だった翌日は茶碗半分くらいにしてみるなど自制するのです。
そのうち、自分が必要としている栄養素や食べる量などがわかるようになってきます。
徐々に体を慣らしていかないと簡単にリバウンドしてしまいますし、ダイエットは継続が大事ですので一時的に痩せたからといってそれを維持することが難しくなってしまうのです。
毎日ちゃんとした食事を摂取して、自分に必要な栄養素を管理する、これがダイエットの一番の近道と継続の方法です。

あと、5キロ痩せたい。
いや、別に体重は減らなくていいから、見た目、痩せていると呼ばれる部類にせめて留まりたいんです。
27歳くらいまでは、ずーっと痩せてたんです。
スタイルいいよねって言われて、自分でもそう思ってるけど、そんなことないよって一応謙遜してみたりして。
体重は今より、7キロくらい少なくて、洋服はもちろんMサイズ、モノによってはSサイズで、試着して入らなくて困る、なんてことは全くなかったんです。

それが、転職して完全デスクワーク、お菓子は食べ放題、疲れるとすぐカフェでお茶、
30歳を過ぎて、結婚、出産、食べたい時に食べられる生活、そんな毎日を過ごしていたら、あれよあれよと体重は増えてゆき、

体重計の数字も、すっかり見慣れた50キロ台、太ると、普通に生活してても、自分でも不調なのがわかるんです。
本当にすぐ疲れるし、子供に呼ばれて立ち上がるのが面倒で、ただ歩いてても膝が痛くなったり、走るとものすごい息切れでしばらく話もできません。
ダイエットしなきゃ、その度に思います。

30何年生きていると、だいたい自分の性格ってわかってきて、基本的に自分に甘いんですよね。
私の場合、精神的に参ってしまうほどでないと、食欲は落ちません。
大失恋したとき、会社が倒産したときは確かに食欲落ちました。
でも、毎日特に事件もなく、精神的にもまあ落ち着いている今、食事制限なんてとてもできそうにありません。
昔、100キロ近くあった男性の知り合いで、1週間ほとんど水だけで過ごして、10キロくらい痩せた人がいたんです。
でも、女の人ってあんまり無理なダイエットするわけにいかないですよね。
生理もとまってしまうし、貧血になってしまうし。

第一、1週間近く水だけなんて、自分に甘すぎる私には絶対にできません。

思うのは、結構太っていても、可愛い人ってたくさんいるってことです。
輪郭が逆三角形で、もともと顔の作りがきれいだと、別にやせなくてもいいやって思います。

でも、完全丸顔で背も高くなく、顔やお腹から太るタイプの私は、やっぱりある程度全身やせないと、
それに、小さい頃から痩せてるよねって言われ続けて来たのもあって、こんな今の自分が許せないんです。

しかし、今は専業主婦で使えるお金も限られています。
スポーツクラブやヨガに使うお金があれば、違うことに回したい。

だから、毎日少しだけルールを決めてみました。
朝、朝食の後にコーヒーを飲むんですけど、本当は砂糖ミルクたっぷりが好みなんですが、そこをあえてブラックにします。

一日コーヒーは3杯ほど飲みますが、朝の1杯だけはブラックで頑張るんです。
ブラックコーヒーを飲んでから体を動かすと、脂肪の燃焼を促進する言うどこかで読んだ知識です。

また、白いご飯を食べるときは以前の半分の量にしています。
たまにさぼってしまいますが、フラフープをテレビを見ながらものすごくゆっくり回します。

練習すると結構すぐに高速で回せるようになりましたが、腰をすごくゆっくり回すんです。
この姿、絶対に誰にも見られたくありません。
主婦ですから、食材の買い物に行きます。

まとめ買いはせず、できるだけ毎日坂の下のスーパーまで行って、ちょこちょこと買います。
そんな感じで、決めたことはできるだけ守るようにしています。

今のところ、ものすごいやる気が来るまでは、この状態で現状維持でいいかと思ってしまう私。
たぶん、これ以上痩せることってこれから先、ないかもしれません。

痩せるサプリを飲んだだけでは痩せませんし、しっかりと対応をしていくのが非常に重要だという事がわかりますね。

情報提供元:痩せるサプリメントランキング~1ヶ月で5キロ激やせ本気ダイエット

私の失敗したダイエット体験談。効果は人それぞれだけど私にはなかった。

私はダイエットとは縁もゆかりもない体重でずっと育ってきました。しかしある日精神病院に入院したら食べることが好きになり瞬く間に体重が増え、要ダイエット体形となりました。今まで挑戦してきたダイエットは数々ありますが一番は私の場合悩むことです。メンタルな部分が弱ってるとなぜかめちゃくちゃ痩せます。逆にメンタルが病んでいないとどんなダイエットを試みても効果がありません。逆にリバウンドで太ってしまいます。でも母が薦めてきたダイエット緑茶を飲んでみたり、家の階段を10往復上り下りしてみたり、通販で買ったようなダイエットマシンを買って乗ってみたり、色々しました。ではこの色々を詳しく書いてみますね。まずは母が薦めたダイエット緑茶、これは通販で母が頼んだものです。名前は忘れましたが粉状になっていて一回分ずつ包装してあります。それを水または牛乳で溶かして飲むのですが味は砂糖を入れた抹茶のようで決して不味くありません。飲みやすい青汁とか、緑茶とか、そんな感じの飲み物が今も通販で売られていますがそんな類のものです。効果は、残念ながら私にはありませんでした。良薬口に苦しというか、美味しいものはいくらダイエット効果があるといえど私には利かないんです。次に家の階段を10往復した件についてですが、結果的に右足首を痛めたのでやめました。今も続けていればもしかしたら効果はあったかもしれません。でも私は歩き方が少し変わっていて、はっきり言うとがに股で歩くのでどこかで足首をひねったのでしょう。痛いのを我慢してまでやることはないなと思ったので、やめてしまいました。次にダイエットマシンですが、これも足が痛くなるだけで全然お腹に効きませんでした。うまく言えませんが、両足をマシンに乗せて左右に動かすことにより股を開いたり閉じたりする感じです。アメリカの通販番組などでよく見かけます。それを1日100回ぐらい続けていたのですが疲れる割に効果がでないなと思いました。しかも疲れるのは足のみで腹筋には全然効きません。私のやり方が悪いのかもしれないけど…。他にも最近テレビで体幹運動など紹介されていますがこれも私にはあんまり効かないんじゃないか、という気がします。ダイエットも、結局は体作りという面では何かをクリエイトするのと同じだから不器用な私には向いてないのかもしれません。あくまでこれは私の体験談だから人によっては効果がでることもあるでしょう。私も悩む以外で効果があって続けられそうなダイエット、これからも探してみるつもりです。

空いた時間を使って、出来ることからコツコツと

ダイエットをしたいと思っても、食事の際に何かを抜いたり、極端な食事制限などをするのは自分には向かないなと感じたので、まず体を少しずつ鍛えることから始めました。
体を鍛えるといっても、本格的なワークアウトやジムに通ったりするというのもハードルが高いと感じるので、寝る前にベッドで寝転んだまま足をパカパカさせる運動や、仕事中にこっそりとお腹を思い切り凹ませて呼吸する、コピーが終わるまでの間じっとつま先立ちをしてみる、といった「今あれができるな」と気付いた時に行うものを中心に行い始めました。
同時に、体のむくみをとってリンパを流すのも良いかもしれないと思ったので、ボディクリームを塗りながら腕と足とデコルテ周りのマッサージをするようにしています。特に足は太さやセルライトが気になっていたのでぐりぐりと揉むようにマッサージをするようにしたところ、はじめは痛かったものの痛みもなくなり足が柔らかくなったように感じます。太ももが劇的に細くなった!という訳ではありませんが、骨の感覚が以前よりもはっきり分かるようになったこと、くっついていた足に少しだけ隙間ができたことなどを考えると効果が出てきたのかなと思っています。
また、自分ではむくんでいるという自覚は全くなかったのですが、デコルテ周りをマッサージしたことで首筋から鎖骨にかけてがすっきりしてきました。この効果は意外と大きく、いつも化粧品を買いに行くお店のBAさんから「痩せましたか?」と言われた時には、首回りの印象が大事だと気付かされました。
そして最近はスクワットを始めました。これも「できるな」と思った時に30回を目安に行うようにしています。
太ももと下腹に効くのはもちろん、ヒップアップの効果が出ています。下半身を鍛えると同時にお腹周りにも効いているように思うので私は主にスクワット、マッサージ、足パカ体操を続けています。
そして歩ける時にはウォーキングを行っています。足パカ体操やスクワットで太ももが鍛えられているせいか、以前よりも沢山歩いても足が痛くなったりすることは少なくなりました。スマートフォンを使って歩数を計測したりすることで自分の運動の成果が見えるのもモチベーションアップにつながるのでおすすめです。
ネット上には手軽に出来る運動などが沢山アップされているので、自分が続けやすいものを選んでできるだけ毎日欠かさずに続けていくことで、ゆっくりとではありますが体型がすっきりしてきます。毎日鏡を見て自分の体のラインを見てみるのもモチベーション維持につながり、ここはもっとこうしたいといった願望が次へとつなげてくれます。
自分の体に必要以上に負荷を掛けずに続けられますし、たまに忘れてしまっても焦ることもないので出来ることをコツコツと続けていくのが大事だと感じています。

話題の糖質制限ダイエット6ヶ月で10kg減

今からちょうど半年前、彼の勧めで糖質制限を始めました。当時の私は、糖質制限という言葉にいいイメージがなく、彼に最大限の反発をしていました。「糖質、たんぱく質、脂質は三大栄養素でしょ?脳は糖質をエネルギーにして働いてるんでしょ?制限したら体がおかしくなってしまうよ、危ないよそんなダイエット。」しかし半年後、見事に目標としていた体重まで減量に成功しました。ここからは、具体的なダイエットの方法について書いていきたいと思います。
始めに取り組んだこと、それは正しい知識を得ることです。一冊本を買いました。宗田哲男先生の「ケトン体が人類を救う」という本です。その本を読破し感銘を受けた私は、次に糖質制限のレシピ本も一冊購入しました。そして、食品に含まれる糖質量を知り、食事内容の具体的イメージをもって、とりくみはじめました。ただし、私はとてもお米が好きだったので、お米を食べられないのがどうしても嫌で続けられるか自信がありませんでした。ですので、同居の彼と一緒に、2人で今日からするぞと決めて、その日からお米を食卓から抜きました。砂糖、みりんなどの糖質が多量に含まれる調味料も使わず、塩と胡椒、醤油、少量の味噌、コンソメ、中華だしのもとなどで調理し、肉が1日三食出てくる食生活になりました。はじめは、お腹いっぱいお肉を食べて、お米がなくても全然大丈夫!と思いましたが、それから1週間が過ぎた頃から徐々に食事がおいしいと感じなくなりました。体は疲れた感じになり、動くのが億劫になり、ソファに一日中座っていることが多くなりました。この方法は合ってないのかもしれない…と思ってやめようとさえ思いました。しかし、せっかく2人で始めたことなのでなんとかがんばりたい、そう思った私は糖質制限を広く社会に知らせているブロガー長野仁美さんにたどり着き、ブログを読みながら再び勉強しました。今までのやり方は糖質量を減らすことだけに注目していたのですが、ブログを読むと脂質量を増やすことが大切だとわかり、その頃から栄養計算アプリも使用して、三大栄養素の計算をしっかりして調理するようになりました。1日の糖質量は60g以下、たんぱく質は50?100g、脂質は100gと決めてとりくみました。始めて2ヶ月頃から、体重がどんどん落ちていき、1ヶ月で3kg程急に減量できた月もありました。もうその頃には、始めの1週間で感じた体のだるさもすっかり良くなり、元気がどんどん出てくるような感じがしていました。始めて4ヶ月が過ぎようとしていた頃、腸内細菌もダイエットに大切だとブログで見て、それから意識して一口30回噛んで食べたり、味噌や塩麹などの発酵食品を積極的に食べるようになりました。するとまた、体調の改善を実感し、さらにぐっと体重が落ちスッキリとした体型になりました。気がつくと半年で57kgから47kgへ減量できていて、履けなくなったスリムタイプのジーパンが余裕で履けるようになりました。自分でもびっくりで、ここまでがんばれたことが誇りです。ダイエットは辛いと思っていたけれど、糖質制限ダイエットは最初の1週間は体が辛い時期があったものの、それ以降は全く辛さがなかったのは本当に驚きでした。そして、糖質をたくさんとらなくても生きていけること、むしろ体調が良くなりながら痩せることができたので、やってみてよかったと感じています。これからも体調管理として続けていきたいと思います。

飽き性ですが…自分なりに頑張ってやっています?

ダイエット…
1度は成功してみたいもんですょ。
産後のお腹のたるみをみて本当思います。
なかなか続けるということ…難しいです。
今でも色々な本、記事をみてはチャレンジするも三日坊主。
通販で運動器具みたいなのも買ってみました。
これもなかなか。
続けるのって本当難しいです。
飽き性な性格を治せればとか思ったりもしますがなかなか。
気合い不足。
それは私自身が一番わかっているのですがやっぱりダメですね。
負けてしまいます。
でも、今回は気合いをいれないとヤバい。
毎年ある秋の運動会の走る選手に早々と候補にあがってしまっているんたそうです。
容赦ないです。まさか産後の私の名前が候補にあがっているなんて。
人手不足はわかっていますが秋の運動会の頃、産後5カ月ほど。
その時にバリバリ走れる気がしません。
でも、やらなきゃいけない…。
という状況なため今回は気合いのいれ方がいつもと違う訳です。
今でも試したダイエット。
ヒールをはく。
炭水化物を夜だけぬく。
生姜を毎食とる。
四股をふむ。
スクワットをする。
他にもいくつか試しましたが長続きしませんでした。
長年やってみて続かなかった原因は…
同じことの繰り返しで飽きてしまったということでした。
それなので、今回は「ながらダイエット」にすることにしました。
育児と家事をする毎日なのでなかなかまとまった時間が以前よりとりにくいのが現状。
でも、ながらダイエットならと思いやってみることにしました。
朝起きてトイレに座って体をひねる。
歯磨きしながらつま先立ちをしてみる。
ご飯を食べながら意識して背筋をのばしてみる
こどもを抱っこしてあやしながらスクワットしてみる。
こどもにおっぱいをあげながら背筋をのばしてすわる&足の裏側の筋をのばす。
こどものお迎えの時や買い物の時は入り口から遠いところに車を停めて歩く距離をふやす。
お風呂にはいりながらマッサージをする
ほかにも色々思いついたらほんの少しずつでも取り入れてやってみる。
そうすることで、色んな動きをすることになり飽き性の私でも飽きずに続けることができるようになりました。
毎日同じ動きではないけれどどこかの筋肉や筋、余分なお肉に刺激がいってるなという感覚が気持ちいいです。
運動会で恥ずかしい思いをしなくてすむように…という思いが一番強いのでなんとか続けられているのかなという気もしますが、飽き性で長続きしなかった私が長続きしているということに私自身感動しています。
といっても、初めて2週間です。ダイエット成功にむけてがんばります。
2週間でも気持ちだけですが体を動かすようになったからか体が軽くなった気はします。
happyです。

飢えさせた甲斐あっての好調ストレッチで、充実

いつものビューティストレッチを敢えてやる気が燃えてくるまでしない選択をしていた今日この頃です。本格的にやるときはじっくりと最低1時間ほどは時間をかけて伸ばしてあげるストレッチですが、いわばそんなストレッチに敢えて飢えさせる状態を与えてあげました。
やりたくないときに無理にするよりも、体がそのうちやりたくなって呼ぶときがまた来るだろうぐらいのゆとりも持ちながら続けた方が、結果的にうまくいきやすいです。体がストレッチをしたがっているな、求めてきているなとその要求の声が分かった今日、「しめた!ほらね~、必ずまた自然とやりたくなるときがいずれ来ると思っていた!」という具合にビューティストレッチ開始です。
それもこれも、伸ばすこと、体が開いて伸びていくこと、そしてキレイと健康を実感することの心地よさを、時間をかけて体の方に覚え込ませていった結果だと思います。
そんなストレッチがいちだんと捗るよう、今日はメイクまでして取り組んだほど新鮮で高いモチベーションでできました。
いつもの姿見にあるがままに映し出される自分の姿を見て、そこに映った自分を自分で美しく健康的だと思えることを大事にしています。それを自分で思えるか思えないかではかなりダイエットを輝いたものにするか曇ったものにするかを左右するほど、影響力のあることだと思っています。
だからこそ、軽くでもメイクをしてから取り組んだ今日のストレッチでした。お気に入りのフィットネスウェアもまた新鮮でしたね。
体が求めるだけあって、今日のような日のストレッチはとても伸びがよく、捗ります。
じっくりどこが伸びているか、開いているかを一つずつ確かめるようにストレッチをしてあげた後の充実感や達成感はもちろんのこと、食事もおいしいのは言うまでもありませんでした。
今日は、たまたま近所のスーパーで見かけた好物のお野菜揚げを久々に食べてみましたが、野菜配合が50%もあるということでヘルシーな味わいがしておいしかったです。お揚げの半分がお野菜でできていると、それだけで体を労わってくれるような、優しい味わいを感じました。
今日の私を力強くおいしくヘルシーに支えてくれた一日の食事のシメは、豆乳バナナです。低脂肪牛乳と半々ぐらいの調合で混ぜ合わせて飲むのが好きで、今日も内側のキレイを充実させることができました。さしずめマイルドでほのかな甘みのある牛乳を飲んでいるような感じがします。
これからもなりたい自分を、体の声をよく掴みながら維持継続していきたいと思います。